goodbye,youth

増子央人

2021.06.06

東京、山梨でのライブを2本終え、少し雪の溶けた富士山を横目に機材車は奈良まで帰る。袖や客席でライブを見たり、ケータリングを食べすぎて苦しくなったり、ステージから見えるお客さんの表情や久しぶりに観るバンドの言葉に感動したり、疲れたまま機材車に乗り込んで奈良まで帰ったり、座ったままいつの間にか寝て汗をかいたり、全部が久しぶりだった。Age Factoryのライブ中、前列の方で涙を流している人がいた。マスクをしていてもわかるほどの笑顔でライブを見てくれている人たちもいた。沢山いた。みんなのあの表情を見ることがとても好きだったんだと、今日再確認した。みんなのライブを見て、ロックバンドはこんなにもカッコいいんだってことも、再確認した。ライブに遊びに行くこと周りに内緒にしなければいけなかったり、ライブに行ったあと何日かは誰にも会わないように予定を空けたりしている人たちもいると思う。色んなことを考えながら、こんな時代にわざわざ足を運んでライブを見に来ている、おれはそんな人たちが大好きだ。ずっと我慢している人たちも、すげーと思う。どちらが間違ってるとか、そんな話じゃない。

ロックバンドの音楽すべてが消費されないわけではないけれど、消費されない音楽が本当のロックバンドの音楽なんだと思う。誰か1人でも大切に聴いてくれたり見に来てくれたりする人がいるのなら、そんなに価値のあることはない。今日会場にいた人全員がどうか無事で、健康に幸せに生きてほしいと思った。この前えーすけは、最近ずっと空(くう)にパンチしてるような気分やわ、と言っていた。たぶん、そんなことなかった。それがわかっただけでも、ライブをした意味があった。ちゃんと届いていた。あの男の人の泣き顔も、みんなの笑顔も、ロックバンドの言葉も、おれは忘れたくない。

ライブが終わってから駐車場へ行くと、蝉が鳴いていた。雨が上がって陽が差して、確かに暑かった。夕方になると急に涼しくなって蝉の鳴き声はピタリと止まっていたので、あいつらはたぶん夏が来たと勘違いしてた。いいなと思った。始まるきっかけなんか勘違いでもなんでもいい。

夜の高速を抜けて、機材車はもう少しで奈良に着く。

2021.05.10

夜、駐輪場の前を一頭の鹿が歩いていた。去年から観光客が減って、奈良公園若草山の鹿が街まで降りてきている。鹿はこちらに気が付いても特に逃げる様子もなく、とぼとぼと坂を登っていった。何となく後をつけると、たまにこちらを振り返りながら早歩きで逃げていった。

昼、起きてから顔を洗ってベランダに出るとどこかからジーーーっと音がした。蝉の鳴き声のように聴こえたがまだ5月なのでそんなわけはなく、たぶん何処かの工事の音だろうと思い、音のなる場所を探したが見つからなかったので、蝉の音だと思い込むことにした。風が涼しくて、今年の夏はこのぐらいの気温ならいいのにな、と思った。

先日の夕陽は紫色だった。昼間、飛行機雲が平行に3本並んでいた。アパートを出るとてんとう虫がぐちゃぐちゃに潰れて死んでいた。秋くんと次に会うときまで交換した黒革のブレスレットはおれにはやっぱり全然似合わなくて交換したことを後悔した。よく行く蕎麦屋の店員が何も言わなくても蕎麦のわさびを抜いといてくれるようになった。一昨日初めて朝の3時までテレビゲームをした。またライブがなくなった。

ぐちゃぐちゃになって、もみくちゃになって、そういうライブハウスにはもう二度と戻れへんのかもしれん、それ考えると怖いし、辛い。と先輩が話していた。あんな先輩、初めて見た。そんなことない!とも思えなかったし、そうかもしんないですね…としか言えなかった。

いつかまたあの景色を見てみたい。みんなの声を聞いて、体の揺れを感じて、表情を直接見たい。そして自分にとってのそのことの大切さを確かめたい。

 

2021.04.23

最近になってまた、バンドの音楽をよく聴くようになった。1人で割となんでもできるような時代になって、音楽やりたいからまずパソコン買った!って人を見ることが増えて、100年後とかバンドやってるやついんのかなあ、とか考えるようになった。100年後のことなんてどうでもいいんだけど。久しぶりに聴いたブッチャーズが優しくて、少し安心した。

Age Factoryのメンバーとしてドラムを叩き出してもう少しで7年になる。えーすけとなおてぃと知り合って10年経つ。よく考えれば彼女ともそんなに長く続いたことはないし、地元の同級生なんかとつるむこともないし、メンバーとは家族の次に長い時間を共に過ごしている。最近メンバーと会話をする機会が増えて、会話の大切さを感じた。

3日前、スタジオの予定がなくなったので、近所のスタジオにドラムを叩きに行った。久しぶりに大きな音でAge Factoryの曲を沢山叩いた。スタジオから出てもまだ耳鳴りが止まらなかった。叩いていたら無心になれるかなと思っていたがその逆で、もう身体がフレーズを覚えていて、叩きながら色んなことを考えたり、思い出したりした。感情が込み上げてきて、誰にも見られていなかったけど、力一杯叩いた。力みまくり、シンバル悲鳴上げまくり。気にせず叩いた。

今大切な時期なんだ。コロナ、お願いだから邪魔しないでほしい。

2021.04.11

今日も昼と夜の気温差に振り回された。最近も気温に適した服装がわからない。Spotifyで久しぶりにCloud Nothingsを見つけると新譜が出ていて、5曲目がNaraという曲だった。滅多にしないのに気になって歌詞を検索した。その曲が一番好きだった。

部屋の壁は隣のおっさんの咳払いが聞こえるほど薄いけどお構いなしにコンポで好きなアルバムを聴いていると車もないのに夜道をドライブしたくなった。風を切って爆音で走りたい。えーすけは最近風の話ばかりしている。寒かったので暖房を付けているのに窓を開けると風が冷たくて気持ち良かったのでそのままにしている。机の上は何度掃除しても2、3日もすればまた元通り色んなものが乗ってごちゃごちゃになる。結局この状態が一番合理的なんだと思う。

友だちに借りて最終兵器彼女をやっと読んだ。やっぱり世界の終わりには空が真っ赤になるんだと思った。すぐに小説版をネットで注文した。

いつも行く最寄りのコンビニの店長が昔バイトしていた居酒屋のどうしようもないダメ店長に似ていることに最近気がついて、前よりそのコンビニが少し好きになった。その人も、いつも申し訳なさそうな顔をしながら働いている。

最近見てないあのバンドのライブが急に見たくなってYouTubeでライブ動画を見てみたけどなんかピンとこなくて、オススメで下に出てきた蛙亭のコントを見た。あまり笑えなかったのでそれを見るのもやめた。

 

 

2021.04.08

桜は例年通り、満開になったと思ったらすぐに散った。毎年狙ったように雨が桜を奪う。今年も花見をしていないと思ったが、よく考えたらここ数年花見らしい花見はしていなかった。

日本では今戦争は起きていないし、ウイルスの騒動もきっとそのうちワクチンが行き届いて落ち着いてくる。地球温暖化だあなんて言ったって、まあきっとあと100年は大きな変化もないだろうし、南海トラフ地震だあなんて言ったって、いつ起こるかわからない地震のことなんて考えてられないし、世界はそう簡単に終わったりはしないので、おれはまた服を買ったりドラムを練習したり五味さんに色々な相談をしに行ったりする。酒を飲んで将来の話や昔の話をして、飲み過ぎて吐く。そんな日々を繰り返している。

Age Factoryは秋にフルアルバムをリリースする。昨日Apple Musicがオススメする音楽を聴いているとAge FactoryのMy endが流れてきた。なんだか随分昔のことのように感じた。Yellowを録り終えた直後、レコーディングブースから二階に上がると、マネージャーが1人で泣いていたのを見たとなおてぃが言っていた。は?マジ?今泣いてたの?Yellow聴いて?やばいな(笑)と、3人で笑った気がする。バンドを取り巻く環境も、周りにいる人も、自分の考え方も、あの頃とは随分変わった。永遠がないように、変わらないものなんてもしかしたら何1つないのかもしれない。目を見ながら本音で話し合えば、人は必ず分かり合えると未だに思っているが、そんな単純な話はどの状況にも当てはまるわけではないということも分かっている。それでも心の奥底の部分では、そう信じ続けていたいと思っている。

2021.03.16

スタジオの予定がなくなり、昼過ぎまで家で寝ていた。腹が減ったので起き上がって湯を沸かし、インスタント味噌汁を作っておにぎりといっしょに食べた。少しだらだらしてから、借りていた漫画を返すために家を出た。街は暖かく、また服装を間違えた。部屋は寒かったのに。GEOに漫画を返して、漫喫に入った。ひたすら漫画を読んだ。夜は久しぶりにバスケをしに行った。ピックアンドロールが綺麗に決まって気持ちよかった。原付で帰る途中コンビニに寄ってLチキとおにぎりを買った。視界に入る信号はすべて黄色に点滅していた。よく見たらおっさんが花壇の端に座って煙草を吸っていた。

ドラムでも叩きに行こうかと思ったがそんな気にはなれず、バイトでも入れようかとも思ったがそんな気にもなれず、だらだらと不意の休日を過ごした。まあでも、気になっていた漫画を読み切れたしバスケもしに行ったからそんなに酷い休日ではなかった。野菜はもっと食っとけばよかったかもしれない。

2021.03.01

HOPE TOUR大阪編前日、いつも行く八百屋でみかんを貰った。2袋も貰ってしまったので、五味さんにあげようと思いTHROAT RECORDSへ行った。みかんを1袋あげると、かわりにロストエイジ20年史の本をもらった。その日はその本の発売日で、店を開けたのは2ヶ月ぶりだと五味さんは言っていた。作者の石井さんはAge Factoryのライブにもよく来てくれるし、インタビューも何度かしてもらったことがある。石井さんがこの本を書くために奈良に来ていたときも、拓人さんの店でLOSTAGEのメンバーと石井さんと飲んだ。本を受け取り、五味さんと色々話をして、いつものようにAge Factoryのできたばかりの新曲たちをスピーカーで流して聞いてもらった。すると8ottoのとらさんが来て、また色々話をした。久しぶりに話ができて少し嬉しかった。

その日の夜、池永先生にメールを送った。母校の平城高校が来年でなくなるので、どうしてもなくなる前に文化祭でライブをしたいと思い、当時の担任で何年か前から教頭先生をしている池永先生にお願いしてみようと思った。来年度の文化祭で、Age Factoryとしてゲスト出演できないですかね、、?と駄目元で連絡すると、すぐに返事が来たが、池永先生は別の高校に転勤していた。それでも、聞いてみるだけ聞いてみるよ、と言ってくれた。そういえば10年前、高校3年のときの文化祭でも、池永先生に無茶なお願いをした。このブログにも書いたことがあるが、学校を辞めてしまったバンドメンバーと一緒に最後の文化祭のステージに立ちたいです、と理科実験準備室でお願いしたことがある。そのときも、池永先生は学年主任に頭を下げてお願いしてくれた。結果出られなかったが、その気持ちが嬉しかった。10年越しにまた、池永先生に文化祭のステージに立ちたいというお願い事をしていることがなんだか不思議に感じた。ちなみにその学校は五味さんの母校でもある。LOSTAGEと2マンも楽しそうやなあ。と妄想してみた。勝手にそう頼めばよかったかもしれない。まあいいや。

昨日、ロストエイジ20年史の本を読むために喫茶店に行きホットドッグを食べてから本を読んでいたら、大阪籠球会のISEさんからTHROAT RECORDSの写真が送られてきた。すぐに連絡してスロートに行き、そのあとISEさんと2人で奈良の居酒屋へ飲みに行った。本を買うためにFLAKE RECORDSに行ったら売り切れていたので、仕事終わりに大阪から奈良まで買いに来たらしい。korekaraは休みだったのでいきつけの店に案内して色んな話をした。素敵な夜だった。