2017.12.29

もうあと2日で2017年が終わるって。3日後には、今年で26歳ですって自己紹介しないといけない。昔テレビの街頭インタビューでよく見た 会社員(26) なんて、もう別世界の人ぐらい大人に感じていた。

損得だけ考えて動く人は、間違っていない。気持ちだけで動く人も、間違っていない。例えばルーズボールを絶対最後まで追いかける奴だったり、誰も見ていないグラウンドで一人素振りをしている奴だったり、不器用で一生懸命な、そういう奴らが必ず成功するわけじゃないし、必ず金持ちになれるわけじゃないし、でも、そういう奴らが最後には笑える世界であってほしいと、スタジオからの帰りの電車の中、おれは本気で思う。監督がいないところで手を抜いていたあいつが試合に出れて、監督がいないところでも必死に走っていたあいつがベンチにも入れないなんて、普通なんだ。下手くそなんだから。サボっていたあいつの方が上手いんだから。努力がまだ足りていない、それだけだってわかってるけど、きっと世の中にはそれだけだって言い切れない、今までの効率の蓄積や生まれもったもの、そういうどうしようもないような現実だってあるんだ。努力の量と結果は絶対に比例はしないんだ。わかっていても、悔しいじゃないか。惨めじゃないか。涙が出るほどに、叫びたいぐらいに、悔しいじゃないか。そんな奴らが笑えない世界なんて、悔しい。損得よりも、気持ちや想いで動ける人が、最後に笑える世界じゃないと、涙が出るほど悔しい。綺麗事がご飯を食べさせてくれるわけないのは、25年間も生きていればわかる。それでもこの世界はロボットが作っているわけじゃない、神様が作ったわけでもない、血の通った人間が作ったこの世界で、気持ちや想いを最優先に動く人が、誰も見ていないところで頑張れる人が、そんな不器用で馬鹿な人が、笑えない世界は、怖いほどに黒くて、悔しい。そんな不器用で馬鹿な人が最後に笑える世界であってほしいと、心の底から思う。

最近見なかった、勝手にシロクロって名前をつけていた近所のあの犬は、部屋で飼われるようになっただけだった。いつもつながれていた場所にある日から突然いなくなって、嫌な予感がしていたんだけど、生きててよかったと少し安心した。