goodbye,youth

増子央人

2020.02.20

新宿、人だらけの街を歩きながら、昨夜録り終えた曲たちを聞いた。都会を歩いていると上の方に視線が行ってしまうが、すれ違う人たちの肩にぶつからないように前を見て歩いた。 数日前の夜、屋上から東京の夜景を見た。そこにはえーすけと、えーすけが一緒に…

2020.02.13

二年前に起こった東海道新幹線車内殺傷事件の犯人が弁護士に送っていた手紙の内容を少し前にネットで読んだ。正義、価値観はやはり人の数だけ存在して、自分と同じ考え方の人間なんて1人もいない。どんな理由や背景があろうと「見事に殺しきりました」なんて…

2020.02.10

鬼のような二日酔いの中、半日をベッドの上で過ごした。あんまりにも頭が重いのでもう頭をゴミ箱に捨てたかった。なんとなくお腹が空いている気がしたのでお湯を沸かしてカップラーメンを食べた。二日酔いの日はどうしてこんなに体に悪いものが食べたくなる…

2020.02.07

2月2日に出演したcoldrainのフェスでは、ロックバンドの美しい瞬間を何度も見た。人と人との繋がりの温かさが目に見えた気がした。coldrainが機材トラブルでライブを始められなかった際にステージに上がって必死に繋ごうとしていた先輩たちの漫談を袖で見な…

2020.01.27

「コービー・ブライアントがヘリ墜落により死亡 同乗の13歳の娘も」朝、3度目のアラームを止めてベッドの上で寝ぼけながらTwitterを開くとそんな文章が目に飛び込んできた。一瞬で眠気が飛んだ。すぐにコービーで検索をかけた。本当に死んでいた。信じられな…

2020.01.20

日替わりランチ、ライス大盛りで。大盛り無料の文字を見つけてほぼ反射的に店員さんにそう言っていた。言った直後に頭の中でまともなおれの思考が、いやいやお前大盛り絶対いらんから並みでよかったから、ハンバーグ一個で大盛りは割合いが良くないから、し…

2020.01.16

実家の近所に、はなちゃんという犬がいた。おれははなちゃんが15年ほど前にその家に来たときから知っていた。おじさんはとにかくはなちゃんに溺愛していて、車庫に置いてある車を洗車するときにいつも近くに繋いでいた。「おれが外に出て行くと部屋の中でキ…

2020.01.12

リュックからまだ醤油の匂いがする。ベランダにあるエアコンの室外機の上に置きっぱなしにしていたぐしょぐしょの文庫本は悪魔が舞い降りた朝の次の日雨に晒されてさらにぐしょぐしょになっていた。自己の失敗を悪魔のせいにしようとしているわけでは決して…

2020.01.09

公園で散歩していた老夫婦に、この辺であの景色が一番綺麗に見える場所ありますか?と坂の下に広がる無機質な街の景色を指差して聞いてみた。どこやろなあ、駅の東側の方がやっぱりいいんちゃうかな。ちょっと歩くけど、若いから大丈夫やろ。と少し笑ってお…

2020.01.07

朝7時、ベッドの上で突然目が覚めた。昨晩の記憶が途中からない。部屋を見渡して絶望した。床は濡れていて、靴が4足床の上に転がっていた。何かを拭いたあとのずぶ濡れのキッチンペーパーの塊がソファの下に落ちていた。読み終わるまでもう少しだった太宰治…

2020.01.01

年末、妹が東京から奈良に帰って来ていたので、数年ぶりに実家で年越しをした。年末年始にバイトをしなかったのも数年ぶりだった。年越しなのにチャンネル争いをしなかったので、お互い大人になったんだなと思った。二階の自分の部屋は綺麗に掃除されていて…

2019.12.25

小さい頃、一度だけ友だちの家でクリスマスを過ごした。絶対にサンタを見よう、だから今日は寝ないで起きておこう、そう言っていつもなら寝ている時間にテレビを見たりして2人で夜更かしをした。見たことない番組ばかりで、なんだかとてもいけないことをして…

2019.12.24

空気が乾燥していた。目覚ましなしで起きたはいいもののなかなかベッドから出ることができなかった。30分ほど経ってようやく布団をめくる決心がつき、勢いよくベッドから出た。勢いに任せないと冬の朝なんて何もできない。顔を洗って寝癖を直し歯を磨いて外…

2019.12.18

BOOKOFFのDVDコーナーで映画のジャケ買いをして家で観るのが最近のマイブームになっている。できるだけ安いモノを探す。そのせいで少しずつDVDが増えてきた。Amazonで頼んだ外国のボードゲーム、実家から持ってきたバスケットボール、収納しきれずタンス前に…

2019.12.04

バイト上がりに急いで家へ帰り、近くの映画館へM-1グランプリ準決勝のライブビューイングを観に行った。晩ご飯を食べる時間がなかったのでバイト先で貰ったローソンの悪魔おにぎりを食べながら駅まで早歩きした。ろくに噛みもせず飲み込んだので喉に詰まって…

2019.11.30

前回のHOPEツアーで福岡CBに来たときは天気が良くなかったので、すぐ後ろにある旧KBC電波塔にあまり目がいかなかったが、この日は空の青と旧KBC電波塔の赤と白が絡み合っていてとても綺麗だった。大通りにライブハウスがポツンと建てられている姿は国道24号…

2019.11.26

最近揚げ物ばかり食べていたので、やよい軒へ行きしょうが鍋定食を頼んだ。本当はとりかつ定食(タルタル付き)を頼みたかったが野菜を摂らなければいけない気がしてグッと我慢した。一人暮らしになって約一年、ほぼ毎日自分が食べたいものばかり食べていたの…

2019.11.20

19日の夕方、バイトを終えて近鉄電車に乗り難波へ向かった。高岡と数年ぶりに飲む約束をしていた。高岡は昔HEAD LAMPでドラムを叩いていて、増子くんいっしょに閃光ライオット出ましょうよ、とえーすけに誘われておれがAge Factoryのサポートをしていた頃に…

2019.11.09

アラームが鳴る前に目が覚めた。天気が良かったので洗濯物を回して干した。予定より少し早くに家を出て、集合場所とは反対方向にある、白柴のいる八百屋へ向かった。ここに来るのは2回目になる。おばちゃんに軽く挨拶して、ゴン太いますか?と聞くとゴン太が…

2019.11.07

3日程前、銀行にお金をおろしに行くと、上東がいた。最近特に街でよく会う。明日結婚式やから、新札にしよおもて。と聞いて結婚式に出たことのないおれは何もわかっていなかったので、上東本人の結婚式かと思い、は?明日!?お前の!?と銀行で少し大きめ…

2019.10.31

家を出て少し散歩していると、近くに八百屋さんとパーキングが隣り合わせになっている場所があり、そこのパーキングの受付に白い芝犬が繋がれていた。恐らくそこで飼われている犬だと思う。こんな場所に外に出ている犬がいるなんて知らなかったので凄く嬉し…

2019.10.27

鶴岡高専の学祭を軽音部の副部長の子が案内してくれて、ライブ前に校舎をぐるっと回った。教室でいろんな展示がされていて、自分が通っていた高校の学祭を思い出した。星座についての展示をしている教室があって、隣の教室で星が見れます!と書いていたので…

2019.10.20

二日酔いの気持ち悪さを水で薄める。喫茶ルノアールの低いソファにそのまま埋まってしまいそうなほど、身体が重たい。昨日、アンコールを終えて楽屋に戻ろうとしたが、ダブルアンコールの拍手を聞いていたくなり、袖に戻った。カーテンの後ろで、鳴り止まな…

2019.10.13

台風19号ハギビスが過ぎた名古屋の空は青一色。この色は奈良で親知らずを抜いたあとに見たあの青空と同じ色だと思った。最高気温は27度。DAIRIKUに貰ったセーターをやっと着ていけると思ったのに、今日も無理だ。27度は汗をかく。仕方なくいつものロンTに袖…

2019.10.06

中学2年の夏、3年生はあっけなく引退しておれたちの代になった。最後の試合で一度もコートに立てずに終わったキャプテンのたけしくんから4番を引き継いだ。南は相変わらず右からばかりドライブをしていたが、それでほとんど突破していた。清家は試合中ボール…

2019.09.30

N国党のなんとかっていう気持ちの悪い政治家わかる?この前、差別やいじめは神様が作った摂理、とか言ってたって。どう思う?渋谷駅で出口に迷い歩き疲れて柱にもたれかかっていたら近くの女子高生2人組がそんなことを話していた。どう思う?の先を盗み聞き…

2019.09.26

先週、山人音楽祭に初めて出た。群馬のG-FREAK FACTORYが主催する群馬のフェス。G-FREAK FACTORYのライブを見て、何度か涙がこぼれそうになった。打ち上げが終わりかけていたとき、茂木さんに質問した。僕は正直、そこまで奈良に愛着も執着もありません。ど…

2019.09.15

泉大津の近くには、恐らく空港があったのだろう。ステージ袖から先輩たちのライブを見ている際、何度も空に飛行機が見えて、その景色があまりにも美しくて、涙が出そうになった。おれたちの出す音はあの青空を飛ぶ飛行機にはまだまだ届いていない。二万人を…

2019.09.12

昼過ぎに起きていつものように寝癖を直し歯を磨いてバイトの服に着替えた。何を食べようか考えながら原付のエンジンをかけて町へ出た。今日は昨日より涼しい気がする。肌に当たる風が心地よかった。いつの間にかセミの鳴き声は消えていた。若草山の向こうに…

2019.09.06

猛暑日が続き出した7月の後半、東京で友だちと飲んでいた帰り道、終電に乗り山手線でホテルの最寄りの目黒駅へ向かう途中、電車内で軽い乱闘騒ぎのようなことが起こった。電車が恵比寿駅に着いたとき、窓際に立っていた30代ぐらいの赤いジャージを着た金髪男…